子犬・子猫の探し方


このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
1.▽迎える前の心構え

はじめに
ペットを迎える覚悟は
できてますか?

犬の十戒
ペットを迎える際に必ず
読んでい頂きたい10つの詩

保護・里親から迎える
まず保護犬猫の里親に
なることを検討しましょう!

     

飼育環境は大丈夫?
お迎え前に飼育環境
が整っているかチェック!

家族の同意はある?
飼育は家族全員が関わるもの。
家族全員の同意が必要です。

 

 
2.▽相場を理解する

生体販売業界の裏側
相場を理解するために、
ペットの流通を理解する必要あり

条件に優先順位を!
あれもこれもで、いない子を
探すことにならないために

なぜ激安・格安か?
子犬・子猫が激安・格安なのには
理由があります

     

どちらから買うべき?
ペットショップとブリーダー、
はたしてどちらで買うべきか?

 

 
3.▽ブリーダーを探す

ブリーダーの探し方
ブリーダーを探す
4つの方法を理解しましょう

ブリーダー販売の仕組
ブリーダーから販売される
場合の仕組みを理解しましょう

ブリーダーの立場に
ペット情報を探すには、ブリーダーの立場に立って考えましょう。

     

専門犬舎と総合犬舎
犬のブリーダーさん、専門犬舎と
総合犬舎どちらがいいのか?

ブリーダーを理解する
ブリーダーは「職人業」で
「サービス業」ではない

 

 
4.▽お得な条件で迎え入れる

ここがポイント
飼い主を探し始める
時期と情報掲載先を知る

ポータルサイトの仕組
ポータルサイトの仕組みを
理解して有利に取引しましょう

ペットショップの仕組
ペットショップの仕組みを
理解して有利に取引しましょう

 

 
5.▽ブリーダー選びのポイント

選び方のポイント
ブリーダー選びの
3つのポイントを理解しましょう

キャッテリーとの違い
キャッテリーとブリーダーの
違いを理解しましょう

 

 

 
6.▽見学・契約時のポイント

確認すべきことは?
ブリーダーに確認すべき
6項目とは?

理想のブリーダーは?
こういった対応のブリーダー
なら理想的

 

 

 
7.▽取引・交渉時のポイント

相手の立場に立つ
交渉ごとは相手の立場に
立つとやり方が分かります

預かりのリスクを理解
現状を理解したうえでお預かりを
依頼しなければなりません

 
甘噛みをする理由は、1.「乳歯がはえかわる生後4ヶ月くらいまでの、歯や歯茎のムズムズ感を紛らわしている」2.「遊びの延長」3.「抵抗の表現、力関係を試す行為(特に犬の体を触った時に噛む場合)」といったことが考えられます。文面から見ると、1.2.の理由のようですが、子犬の時の甘噛みを許してしまうと、ア...
狂犬病ウィルスがかみ傷などから侵入することで感染します。犬だけでなく、人間を含めてすべての哺乳類に感染します。2〜6週間の潜伏期間を経て食職不振や暗闇を恐れるといった異常な行動がみられます。その後ヨダレをだらだらと流したり凶暴になったり、筋肉がマヒして昏睡状態に陥ったりします。現在の医療では治療方法...
回虫に感染している犬の糞便に、回虫の卵が含まれており、この卵を他の犬が食べることで感染します。また妊娠中の犬が回虫に感染していると、胎盤感染でお腹の子も感染することがあります。寄生する回虫の数が多くなると、食欲不振になったり嘔吐、下痢をしたりします。治療は、駆虫薬を投与して駆除します。回虫参考動画:
子犬は成犬に比べて免疫力が低く、体力もないため病気にかかりやすく、また重病になりやすいです。対策として、予防接種を受けるほか、感染する危険があるところ、たとえばたくさんの犬が集まるドッグランや散歩中の草むらに近づけないようにしましょう。またうんちやオシッコはすぐ清潔にし、食餌の後もすぐ片づけて、生活...
犬が高齢になると、抵抗力が落ち病気になりやすくなります。また内臓の働き、消化機能が衰えますので、消化しやすく、規則正しい食餌が必要となります。さらに筋力・視力なども衰え、骨折などのケガをしやすくなります。高齢犬がかかりやすい病気・腫瘍・糖尿病・心臓病・腎炎・白内障
犬の親子が温泉に入りながらワクチンのことを話しているアニメ。犬のワクチン接種についてとても分かりやすい動画だと思います!
心臓の左側の部分、血液が入ってくる左心房と血液を送り出す左心室の間にある「僧房弁」が閉まらなくなることで血液の一部が逆流します。血液の逆流することで、酸素が体全体に十分行き届かず息切れを起こしたり、ゼーゼー、ゲホゲホと苦しそうなせきをします。かかりやすい犬種:キャバリア、チワワ、マルチーズなど【僧帽...
狂犬病を発病している動物(犬も猫もなりうる)に噛まれるなどして、だ液中にあるウィルスが感染します。狂犬病は、人畜共通感染症で、ヒトとヒト以外の脊椎動物の双方が感染する病気です。症状として、食欲不振になったり、水を怖がったり、幻覚を見たりします。狂犬病の治療法はありません。また日本では1957年以来発...
乾いた感じの「ゴホゴホ」というせきをしたり、のどに何かがひっかかったり、つまったようにせきこんだりします。病気に感染している犬のせきやくしゃみでうつります。子犬や高齢犬が、抵抗力が弱くなったことが原因で、ウィルス、細菌、微生物に感染してかかることが多いです。混合ワクチンの接種により予防することができ...
フィラリアとは、蚊によって運ばれ、蚊が犬の血を吸ったときに体内に侵入する寄生虫です。フィラリアは心臓に寄生し、血液の流れを妨げます。フィラリア症になると、激しく咳き込んだり、息切れしたり、ぐったりしたりします。予防薬により防ぐことができますので、蚊が飛びはじめる4月からいなくなる12月くらいまで予防...
このエントリーをはてなブックマークに追加