ダックスのヘルニア


このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダックスのヘルニア

質問:

 

生後3か月のミニチュアダックスを
飼い始めた川嶋さん(仮称)。
 
ミニチュアダックスフンドのヘルニアについて、
ご相談を受けました。
(一部事例が分かりやすいように編集してます)
 
 
ミニチュアダックスのヘルニアは、
普段どのようなことを気をつけてあげれば
いいですか?

 

 

 

 

 

回答:

 

ミニチュアダックスフンドで
気をつけなければならない病気に、
椎間板(ついかんばん)ヘルニアがあります。
 
椎間板ヘルニアとは、背骨を構成する脊椎と
脊椎の間にある軟骨(椎間板)が
変形したり飛び出したりする事によって、
首や腰に痛みや痺れの症状が起こる病気です。
 
 
具体的な症状として、食餌や水を飲む際に
首を曲げなくなったり、
抱っこや触られるのを嫌がったり、
段差のあるところを嫌がったり、
走らなくなったり、動きが鈍くなったりします。
 

 
椎間板ヘルニアは完全に予防する事は
出来ませんが、
日常以下のポイントに気をつけてあげると良いです。
 
 
・適度な運動を心がけ、正しい筋肉をつけさせる
 
・食べ過ぎに注意し肥満にはさせないようにする
 
・階段やソファの上り下りを避けさせる
 
・チンチンなどの2本足で立たせる姿勢はさせない
 
・縦に抱っこして腰の部位に負担がかかる姿勢を避ける。
体を横にして抱きかかえる。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加